亜鉛華の発見

亜鉛華の発見

kesyouhin

化学の急速な発展が、化粧品の品質改良に影響を与え出したのは19世紀になってからで、1866年にそれまでの危険だったオシロイに代わって、酸化亜鉛(z-inc oxide 亜鉛華=flower of zinc ともいう)のオシロイができたときには、たんに危険がなくなっただけでなく、それまでの顔に塗る粉のように変色せず、安価に製造できるようになったので、ヨーロッパでもアメリカでも、その利用者がふえ、売上がふくれ上がった。

その後、さらに1916年に酸化チタニウムが発見され、翌年それでつくったオシロイがアメリカで大量に売り出され、鉛白のオシロイはギリシア以来の長い歴史を終わった。

わが国でも、西暦7世紀の終わりに、中国、朝鮮を経て鉛白のオシロイが伝わったとみられ、それ以後昭和の初期までそれが使われていたが、その一方で明治20年頃亜鉛華が輸入され、続いて大正12年に酸化チタニウムが輪人されたが、鉛白のオシロイは分子がこまかく、肌着きがよいというので依然として市販されていた。

それが全面的に製造禁止になったのは、はるかに後の昭和9年(1934年)12月であった。

Comments are closed.