リップスティックの流行

リップスティックの流行

kesyouhin

アメリカでスライド式のチューブにつめたリップスティックとマユのペンシルが始めてつくられたのは一九一五年で、化粧品の容器に金属が使われたこともそれが最初だったとみられている。

それが一般化したのは第一次世界大戦の終わった一九二一年ごろからで、始めは自動車でドライブするときの化粧箱にふさわしいと宣伝された。

とりわけドイツで合成染料からつくったルージュが鮮やかにくちびるに塗られるようになったことと、一九三0年以来、アメリカでマニキュア用のエナメルが売り出され、女性のツメが宝石のようにきらきらするようになったことは、女性の風俗に大きな変化を与え、「化粧をしないくちびるは、光のないランプにひとしい」(フランスの作家マルセル・ジューアンドウ)といわれるようになったその後もルージュの質は絶えず改良され、キスのたびに男性を困らせる不便な化粧品ではなくなったし、三十分ごとに塗り直しをする面倒もなくなった。

アメリカでは一九三五年頃までに、あらゆる分野の化粧品が出揃って十種以上の色合いをもったリップスティックをつくる会社が十社以上にもなり、その年代には数千のハイスクールの女学生たちが、石鹸を使うのと同じような気持で、ルージュを使うようになったし、パリでも戦前はちゃんとした家庭では、二十歳までの娘にはルージュを使わせなかったが、今日では十四歳から十六歳ぐらいの娘でも、それを使っているくらいに普及した。

いろいろの化粧品が携帯用につくられるようになったので、第二次世界大戦では、婦人の兵隊が戦線で化航するようになった とも、新しい風俗になった。

Comments are closed.