メイクアップ

メイクアップ

kesyouhin

イタリアの化粧品がヨーロッパ各国に広がって、顔にオシロイを白く塗り、その上にベニを加える化粧がはやりになった。

伝説によると、エリザベス一世(十六世紀の後半)は、若いころには化粧に深い関心を示さなかったが、晩年にはオシロイを半インチ(一インチは二.五四センチ)もの厚さに塗っていたので、その表情がわからなかったといわれた。

オシロイを厚く塗ったのは、その時代には天然痘でアバタになった女性が多かったので、それとソバカスを塗りかくすためだったともみられている。

シェークスピアが戯曲を書きだしたのは、エリザベス一世の晩年からだったが、『ヴェロナの二紳士』に「顔のユリ、頬のバラ」というセリフがあり、『恋の骨折損』に「わしの恋人は純潔で、白と赤だ」というセリフが現われているが、「白と赤」というのは、顔や首筋や胸の上部にオシロイをふんだんに塗って、そのあとで頬とくちびるにベニをつけたことを表わしている。

このような厚化粧をシェークスピアは「ペインティング」と呼んでいたが、これはその頃の新語で、白鉛を原料にして、それに色や香料を加えたものを絵具(ペイント)と呼んでいて、それを顔に塗ったのでペインティングと呼ぶようになったわけで、明治初期にオシロイをまっ白に塗った顔をペンキを塗ったようだと形容したのと、意味はおなじたった。

十七世紀の初めにイギリスの詩人リチャード・クラショーが、女性の念入りな化粧をメイク・アップ(make up)と呼んだ。メイク・アップ→メーキャップは「仕上げる」という意味で、のち俳優などが化粧する→扮装するという一般語になり、今世紀になってハリウッドの映画女優たちの顔ごしらえという意味で流行語になった。

Comments are closed.